回南天とは?広東特有の嫌ぁ~な気象現象

広東地方では旧正月が過ぎた辺りの2月~4月まで超超超超高湿度な時期があります。

この時期を『回南天』といいます。ちょうど今の時期っすね!

回南天03

窓ガラスも結露しまくり(; ̄Д ̄)

回南天01

ドアも、このようにビッショリ濡れております

回南天02

階段だって、この通り。滑って転ぶ人も多いとか!

室内の窓は結露しまくり。

床には水が溜まる。滑る。転ぶ。

布団は湿気る。カビ臭い。

洗濯物はいつまでたっても乾かない。シャツが生渇き。臭い。

除湿機フル稼働でも効きません。

機器類も故障する。エレベーターも故障して止まってしまうそうだ。

と、まぁ~とにかく良いことがありません。

日本の梅雨とは比べ物になりません。

毎年のことなので、なにかしら対策を考えても良さそうなもんだけど。

どうにもならないらしい。というか、どうかしようと考えてないのかも。

そもそも日本と比べて建築事情があまり、よろしくないってので手の打ちようがないのかね。

広東の家とかビルって打ちっぱなしのコンクリというイメージだもん。

春は湿気が多い。夏はクソ暑い。秋は無い。冬はそれなりに寒い。

ぶっちゃけ広東地方は1年通して、過ごしやすい時期が無いように感じますが・・・

しかし、回南天の時期は別格に気分が悪いらしい。

「旅行にくるなら 回南天の時期はやめたほうがいいよ!」

と、広東人の友人は口を揃えて言います。

でも、どんだけ酷いか1度くらい経験してみてもいいかもねぇ。

スポンサーリンク
テキスト/イメージ、336×280
テキスト/イメージ、336×280
スポンサーリンク
テキスト/イメージ、336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です