2015年4月21日からスマホ対応していないサイトはスマホでの検索順位が下がるらしい

発表内容…Google(グーグル)による公式発表記事

現地時間2015/2/26に「スマートフォン対応」していないWebサイトについてはモバイル検索順位に影響するアルゴリズムを、4月21日から世界中で一斉に開始すると発表しました。
発表記事の原文 (リンク先の原文は英語です)

 発表の主旨

・スマホ対応(モバイルフレンドリー)の評価基準を検索ランキング要因に使用する。

・開始日:2015年4月21日 から導入。

モバイル フレンドリー (mobile-friendly)とは何?

聞きなれない言葉ですね。

ざっくりいいますと、スマートフォンで適切に表示できるようにサイトが最適化してあるか。

最適化された状態をGoogleは「モバイル フレンドリー」と名づけています。

Googleが、このような発表をするのは、とても珍しいことです。

検索エンジンサービスの中で最も大手のGoogleはこれまで自社の検索アルゴリズムについて公にすることは、ほとんどありませんでした。

ある意味、今回発表されたの変更点は、けっこうな改革となるはずです。

Googleいわく

運営しているWebサイトが今後「スマートフォン」対応しているか否かという点が、そのサイトのモバイルでの『検索順位に”significant impact”(大きな影響)を与える』 としています。

スマホ対応サイトであるかの可否基準

Googleが定めるスマホ対応サイト(モバイルフレンドリー)の基準として、下記のようなポイントが公開されています。

・携帯で一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用していない。

・ズームなしで判読できるテキストを使用している。

・横スクロールやズームなしで閲覧できるよう、コンテンツが画面サイズと一致している。

・リンク同士が十分離れていて簡単にタップできる。

スマホ対応状況の確認ツール

・スマホ対応基準を「満たしているか」「満たしていない点の改善方法」は、公式ツールで確認出来ます。

モバイルフレンドリーテスト(1ページ~数ページの確認用)

スマホ対応02

スマホ対応していなかった場合「モバイルフレンドリーではありません」と表示されます


・スマホで自分で検索してもわかります。

スマホ対応01

○スマホ対応と表示されればOK!
×何も書かれていない場合はNG!


・ウェブマスターツールでも確認可能です。

スマホ対応03

ウェブマスターツールでも警告が出されます

今回の改革はWebサイトに非常に大きな影響を与えるはず!

VHSがDVDに! アナログテレビが地デジ化に!

世の中の進化に合わせ、Webサイトも常に変わりつつあります。 特に近年スマホが世に出回って以来、急激な進化を遂げているという現状ですね。

今回の変更点は大きな改革といえるでしょう。

会社や個人でサイト運営されている方は、大きな注意が必要かもですね。

スポンサーリンク
テキスト/イメージ、336×280
テキスト/イメージ、336×280
スポンサーリンク
テキスト/イメージ、336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です